◆ 高島平から着物と町のNEWSを発信 ◆  
 
創刊1985年 まちが和く輪く!
〒175-0092 東京都板橋区赤塚7-19-26
Eメール:info@kimono-news.com
FAX 03 (3938) 5778
発行人 三井真
      いつでも、まちのお役立ち
 見てますか!高島平きものしんぶんWED

こちら「高島平きものしんぶん」編集室。
編集長が足で稼いだキモノと街の話題を楽しくカラフルにWEBで展開中!35年間の新聞発行実績が光ります。

ところで、板橋区高島平はどこにある? 東京の北西部に位置して北区、練馬区、豊島区、埼玉県和光市、荒川をはさみ埼玉県戸田市と隣接。都営地下鉄三田線が主要なアクセス。巣鴨、大手町、三田、目黒、横浜まで一直線。

1972年に入居が開始され東洋一と謳われた高島平団地を擁する、誰もが暮らしやすい名実ともフラットなコミュニティを形成しています。


1841(天保12)年、幕末の砲術家高島秋帆(しゅうはん)が当地(徳丸ヶ原)で日本初の西洋砲術調練を行った由来により1969(昭和44)年、「高島平」の町名は誕生。

大学、高校はじめ教育機関、病院、図書館、行政機関、都立公園、熱帯植物館など揃う、みどり豊かな暮らしやすいエリアです。

「高島平きものしんぶん」は創刊1985年のまちのかわら版。着物のこと、高島平の「今」がわかるユニークなメディアです。

◆高島平きものしんぶんは160号を以って紙媒体発行を終了しました。引き続き、WEBで多彩な情報をお届けしております。

 編集長メールアドレス  こちら



      \新着デキゴト早出しブログ/

22年ぶりの三田線新型車両を志村検修場で見た


2022 いたばし花火大会中止発表 3年連続


いいネ!西洋流火術鉄砲隊保存会 20周年記念手ぬぐい


ガストに登場した配膳ロボット


高島平から望める送信アンテナと伊集院とラジオのゆくえと


梅の花ほころぶ赤塚溜池公園 赤塚梅まつり今年も中止

   
2022成人式 感染予防して開催 板橋区

   
2022寅年 元日は晴天なれど風強し 

   
高島平1丁目にパティスリー新開店

   
いたばし野菜秋のマルシェ 豊作祝う

   
第49回衆院選 与党絶対安定 野党共闘に課題

   
衆院選東京11区 自立共無の4択

   
さんぶどう園 早々に完売御礼

   
菅義偉首相 退陣の一択

   
植村冒険館閉館 東板橋へ移転

   
棚田に実りはじめた稲穂 水車公園

   
板橋選挙区当選都議 流動的事態に

   
2021年後半カレンダーは要訂正

   
東京都議会選挙に10名出馬

   
5月9日は「高島平の日」です

      
  高島平きものしんぶんブログ もっと見てみる 


  行ってみよう!体験してみよう!
新型コロナウィルス感染の影響で各館の日程、入館方法等が変則的になることがあります。各施設のホームページなどでご確認ください。
4月23日(土)〜
6月19日(日)    
区政施行90周年記念展 
板橋区の成り立ちとあゆみ
  

観覧無料
板橋区立郷土資料館 
℡03-5998-0081
6月25日(土)〜
8月7日(日
2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
観覧料/一般650円 高校・大学生450円 小・中学生200円  65歳・障がい者割引あり  *土曜日は小中高生無料 板橋区立美術館 
℡03-3979-3251
2021年
12月18日(土)
リニューアルオープン
植村冒険館リニューアルオープン
植村記念加賀スポーツセンター内
1階 ウエムラチャレンジベース
2階 パネル展示
3階 常設・企画展示 どんぐり文庫など
公益財団法人植村記念財団  植村冒険館 
℡03‐6912
-4763
5月24日(火)〜
6月26日(日) 
おさかなようちえん
入場料/大人260円、小・中学生および65歳以上130円  ※回数券、年間パスポートあり
*土曜、日曜 小・中学生無料 

板橋区立熱帯環境植物館 
℡03‐5920‐1131
5月24日(火)〜
7月3日(日)
ミニ展示「紙博のあゆみ展
入場料/大人400円、小中高生200円 
20名以上団体料金あり

公益財団法人 紙の博物館
 
℡03‐3916-2320

2018年5月27日「ご福まつり」当日の様子  詳しく見る


 

お勧めサイト

高島平の専門店 | 呉服や光永

みらいネット高島平

大東大ラジオ


すみれ洋裁店





山本工務店
  
Copyright (C) 2006 Takashimadaira Kimonoshinbun. All Rights Reserved.